ボイストレーニング

たまにはボイトレの記事を書こう!

と思いましたのです。

 

そうですねぇ。

レッスンしていると、

頑張って一生懸命に歌いすぎだなぁというのを、よく感じます。

昔から吹奏楽などの楽器をやっている方などは、

無理な力みなく歌うなぁ  と感じます。

ということは、

歌う力の ほどよい 力み方が分からない方が多いということです。

力んで歌うことが、歌う本人にとっては情熱的に感情を込めている感じがしてしまうのですが、聴いているほうは そうは聴こえなく、聴き苦しいと思うことが ほとんどです、残念ながらヽ(;▽;)

でも、物心ついてカラオケが流行り、ずっと 自己意識なくわからずに力んで歌ってきたので、無意識なにやっていて、癖になってしまっているのですよね。

1時間のレッスン中に直せますが、次 来られた時は 元に戻っている。

戻らないようにするには、思うがままに歌うのではなく

レッスンでokを貰った感覚を思い出し 毎日 サボらずに練習し、無駄な力みを抜くことを常に意識することです。

で、歌うということは このくらいの力みということが分かり、

体の使い方や腹式をこのように使えばよいんだということをコントロールできる日が来るまで練習すれば最高です。

ということを考えると、

はやり一歳でも若いうちから レッスンすべきですね。癖がついてしまってからだと、そのぶん直すのに時間がかかりますからね、、

でも、何歳になっても遅くないのです、自分の声と向き合う時間は貴重です。

それに喉は 年齢とともに弱るので、何歳からでも、

トレーニングは自分のためになりますよ(^^)

 

 

コメントする